悪玉菌 対策

乳酸菌革命とは、乳酸菌エキスをぎゅっと凝縮しているサプリメントです。

悪玉菌 対策ができる乳酸菌革命には、今話題になっている乳酸菌のラクトバチルス・アシドフィルス、ラクトバチルス・ブルガリクス、ラクトバチルス・ガッセリー、ラクトバチルス・ブレビス、ラクトバチルス・カゼイ、ラクトバチルス・ヘルベティカスが配合されています。これらの乳酸菌は、市販されているヨーグルトにも入っていますが、大抵は1種類だけしか配合されていません。乳酸菌革命では、これらの乳酸菌を全て摂取することができます。

 

 

また、それに加えて、悪玉菌 対策ができる乳酸菌革命にはビフィズス菌、ラブレ菌、カゼリ菌も配合されています。

 

 

まず、ビフィズス菌は腸内環境を良くする菌としてよく知られています。

 

 

ビフィズス菌には、酢酸と呼ばれる物質を作り出す働きがあります。

 

 

酢酸には強い殺菌力があるので、悪玉菌の増殖を抑制し腸内環境を整えてくれます。

 

 

それから、免疫力を高める効果も期待できます。

 

 

また、ビフィズス菌には酸素を嫌う性質があるため、酸素がほとんどない大腸に存在しています。これは他の菌とは大きく異なる特徴です。

 

雑誌でも話題になった悪玉菌 対策の乳酸菌サプリメントです。

次に、ラブレ菌は植物性の乳酸菌です。植物性の乳酸菌には、動物性の乳酸菌よりも強く、腸内の生存率が高いという特徴があります。

 

 

一般の乳酸菌は、胃酸や胆汁などの影響を受けてその多くが腸に届く前に死滅してしまいます

 

 

。しかし、ラブレ菌は過酷な環境でも生き抜くことができるため、人の胃酸に対しても耐性を持ち、腸まで届きます。

 

 

そして、悪玉菌の増殖を抑えて、腸内環境を整えてくれる働きをします。また、ラブレ菌にはビフィズス菌を増やす働きも持っています。

 

 

それから、カゼリ菌は日本で誕生したと考えられている日本人に対してとても相性の良い乳酸菌です。

 

 

カゼリ菌にもラブレ菌と同じように酸に対して強いという特徴があります。そのため、生きたまま腸まで届き、悪玉菌を抑え腸内環境を良くしてくれる働きをします。

 

 

しかも、カゼリ菌には腸に長くとどまるという性質があります。

 

 

通常の乳酸菌は摂取をやめると、しばらくすると体の外に排出されてしまいます。

 

 

しかし、カゼリ菌は長く腸にとどまるため、その分腸内環境を整える効果が持続してくれるのです。

 

 

悪玉菌 対策サプリメント乳酸菌革命には、胃や十二指腸で死滅せずに腸まで届きやすい有胞子乳酸菌という乳酸菌も配合されています。

 

 

また、耐酸性カプセルになっており、胃酸や胆汁から守られるため乳酸菌が腸まで届きます。

 

 
inserted by FC2 system